低糖質ブームで色々な商品が水面下で販売されている中、今回は病院食大手の日清医療食品も食宅便で低糖質お弁当を出していることを知り、さっそく試してみた。

 

 

食宅便の低糖質セレクトのAセット。何と7種類全て味が違い、炭水化物8g以下。かぼちゃの煮物を今どきそれだけ糖質たっぷりで作る人間がいるかどうかはさておき、5品の料理で炭水化物8gは驚愕である。

 

 

「牛しゃぶと帆立のオリーブオイル仕立て」といったリッチなメニューにも関わらず、糖質6gという凶悪な低糖質ぶりである。タンパク質は14.1gとまずまず。塩分は2g程度とかなり控えめである。薄味の予感。

 

 

食宅便は冷凍弁当なのでレンチンする必要がある。袋の右端を切り離す必要があるが、それだけでレンジにポイするだけとお手軽である。500wで4分ほど待つと出来上がったのは……。

 

 


封を開ければ出てくるのは、木目風ではあるが明らかに安価なフニャフニャした容器。水が滴り絶妙な雰囲気を醸し出している上に地味に、しかし派手にデスクを濡らす。しかも目に飛び込んだのは苦手なブロッコリー。牛しゃぶに目を奪われ、その存在に気が及ばなかった。

 

「日清医療食品といえば病院食。病院食といえば美味しくない。塩分も少な目だった。結論として食宅便も美味しくないはず」と自分勝手に想像しながらまずは苦手物から処理しようとブロッコリーに手をつけると……美味しい! 味が濃い。ナスも枝豆も美味い。待望の帆立や牛しゃぶも美味い。ダシなのか何なのか、低糖質かつ塩分控えめなのに甘味と塩味がしっかり感じられるのである。

 

見た目は今ひとつ二つに感じたが、全ての料理を美味しく感動すら覚えながら完食。入院したことないけど、きっと現代では病院食=まずいものではないだろうなと常識を上書きした。

「食宅便 低糖質セレクトAセット」感想・レビュー

平均 87 塩分控えめなのにすごく味が濃く感じられて、全ての料理が美味しい。野菜が苦手でも美味しく食べられるはず。値段がもう少し安く、脂質が控えめになれば定期購入確定。
95点 塩分2g程度なのに味が濃く感じる。野菜もしっかり味付けがされていて全てが美味しい。とくに肉料理は甘みを感じ、低糖質かつ低塩分であることを忘れさせてくれる。
栄養 85点 味から考えると最高のものでも低糖質8g以下は驚愕だが、脂質は普通にある。糖尿病などでない限り糖質だけを気にしても意味がないため、併せて脂質も抑えたいところではある。野菜が多いのでビタミンやミネラルなどの栄養成分表示があると嬉しい。
簡単度 90点 袋を破いてレンジでチンするだけ。ハシは別途必要。冷凍食品なので会社などには持っていきづらいのは欠点ともいえる。ただ地味に右端の袋のカットが難しいので専用の切れ目が欲しいところ。
満腹度 85点 5種類の料理があって食べ応えと満足感はあるが、働き盛りの成人男性には主食がないとやや物足りないと感じられる量。半膳ほどの玄米や雑穀米をつけるとちょうど良かった。
お値段 80点 送料込みで4320円。1つ617円。主食を自分で用意しても一食750円以下。外食と比較すると安いが、単純に低糖質のカップ麺やブランパンと比較すると割高に感じられる。味はいいので外食と比較すべきだとは思うが、500円程度になると嬉しい。

簡単に言えばヘルシーな冷凍お弁当。しかし味は想像以上、スタッフ一同驚愕。7種類全てのお弁当の全ての品に大満足でした(個人的にはひじき以外全て)。言葉は悪いですが、サイトや開封したときの見た目から創造するより、ぜんぜん美味しいです。

 

7種類あったので一番のオススメを選ぶと、この「鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮」(糖質6g)です。野菜が苦手でも全品目が味が濃くて、最後まで美味しくいただけました。これなら野菜好きになれそうです。

 

「食宅便 低糖質セレクトAセット」一番のオススメ「鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮」

 

一番を選びましたが、7種全部が美味しいので一番は人それぞれ。食宅便を味わったことのない人はぜひ体験してみることをオススメします。病院食のイメージや低糖質、塩分控えめのイメージが変わるはず!

 

理想的な栄養バランスを追求! 日清医療食品の「食宅便」

おすすめの記事