10年ほど前、海老蔵が短期間で20㎏を落としたと話題になった「ゆで卵ダイエット」に今さらながら挑戦してみた。

 

理由は「ゆで卵が好きだし、海老蔵が成功したから」。ただ海老蔵がチャレンジして短期間で20㎏落とした「白身だけの卵を食べる」ダイエットはあんまりに苦行そうで厳しいので、黄身も含む「ゆで卵」という条件に変更。食事2食をゆで卵に置き換えるだけ。残り一食は野菜など不足するビタミンCを摂取する。ゆで卵は好物なのでとても簡単そうに思える。

 

りんごダイエットとかバナナダイエットは栄養が偏ると思われるが、卵は完全栄養食品(ほぼ)。ビタミンCなど一部を補えばいいので体調を崩す心配もない。栄養面からみてほぼ完璧なダイエットである。

 

ゆで卵ダイエットを始めるに当たり、ゆで卵をコンビニで購入することも考えたが、どうせなら美味しいゆで卵をと考え、まずは「ゆで卵マシン」を購入。

 

ゆで玉子名人

 

2000円程度で買える直径20cm程度の小型の電子調理器「ゆで玉子名人」である。愛機を手に入れ、卵を買い求める。どうせならと高級な赤卵を選んでセット。

 

レジですでに薄々気がついていたが、赤卵6個で350円超。つまり、ゆで卵1個60円程度……この時点でコンビニのゆで卵と大差ない金額である。ヨード卵にしたら、むしろコンビニゆで卵よりコストが上がる。自作の方がはるかに安くなるはずと思い込んでいたが、コンビニは企業努力がすごいので、自作ゆで卵では初期投資をほぼ回収できない計算となる。

 

しかし食べたら味は上々! 卵も安いのを買えばいいし、美味しければ続けられる。ゆで卵好きとしては永遠に続けられると考えていたが……。

ゆで卵ダイエット感想・レビュー

平均 93 結論として「ゆで卵置き換え生活」は1日目でギブアップ。2食置き換えは不可能でした。ゆで卵は低糖質であるため、そればかり食べていれば当然体重は減るだろう。卵は栄養バランス的にも問題ない。コスパもいい。問題は味の飽き。マヨネーズを付ければ美味しく食べられるので、ゆで卵をどのように美味しく工夫して食べられるかという本人の工夫次第となる。
80点 ゆで卵は美味しい。しかし単純に塩だけで食べるとなると、3個以上はもはや苦行であった。好きだからこそ「これは無理。卵を嫌いになりそう」と6個食べた時点ですぐに諦めてしまったのは情けないが英断でもあったと思う(多分)。成功者である海老蔵の強靭な精神力に自分が叶う訳もなし(海老蔵は白身だけを食べて短期間に20kg減を実現)。飽きずに食すには、色々な調味料をつけることになると思われる。
栄養 90点 ビタミンCなど他食事で補えばまったく問題はない。コレステロールの摂取も最近では「摂取するコレステロールは体内で生成されるコレステロールとは別モノ」であると科学的に問題なしとされている。ただ卵オンリーは明確にビタミンCと食物繊維が不足すうrので、少なくともビタミンCや食物繊維を補助する必要はある。
簡単度 95点 専用器具を買わずともコンビニで安価に売っていてお手軽に試せる。問題は継続性に尽きる。自分で作る必要は全くない。
満腹度 100点 成人男性でも4個食べると満腹度はかなりある。3個以上のゆで卵を美味しく食べるハードルは高いが、満腹度は高いので見返りも大きい。
お値段 100点 コンビニで購入しても1個65円程度。1食3個としても200円以下であり、かなり低コストのダイエット法である。

 

結論としてゆで卵の味は淡泊なので飽きやすく、よほどのゆで卵好きでない限り「おやつの置き換え」又は「一食置き換え」に留めていくのが賢明です。相当のエッガーじゃないと2食置き換えは続かないと思われます。なお今回は自腹の初期投資で機械を買って失敗したかなと落ち込みましたが、、、

 

ゆで卵メーカーは蒸気で蒸すタイプなので、ゆで卵以外の卵料理で昼食&おやつを作れそう。

 

ゆで卵だけ3食は無謀すぎたので、とりあえず「卵ダイエット」を模索していくことにします!

 

なお……ゆで卵にした時点では、高級卵と安売り卵の味の違いは分からず。今後は見た目や値段にダマされず、おとなしく安売りの卵を調理することにします。

おすすめの記事