フレッシュネスバーガーから新たな低糖質ハンバーガー登場!

 

2018年12月5日より、健康応援メニューの新商品「クラシックアボカドベーコンチーズバーガー」と「ケール&ココナッツスープ」発売開始されました。

 

さっそく気になる商品概要、栄養成分を紹介します!

 

クラシックアボカドベーコンチーズバーガー

ポイント

  • 糖質14.8gのバンズ
  • グラスフェッドビーフ
  • アボカド

オーストラリア産100%グラスフェッドビーフを使用したクォーターパウンド(約113g)パティの上に厚切りのレッドチェダーチーズ、ベーコン、1/2個のアボカドを糖質14.8gの低糖質バンズでサンド!

 

タンパク質豊富で糖質30g以下の優れものです!

 

  • タンパク質:29.4g
  • 脂質:61.7g
  • 糖質:27.4g
  • カロリー:813kcal

 

脂質が高いのでカロリーを気にする人向けではありません。アボカド使用で不飽和脂肪酸の比率が高くなっており印象がいいですね。

 

あまり知られていないようですが、フレッシュネスハンバーガーでは低糖質バンズが以前から販売されていて、低糖質バンズにすればほとんどのハンバーガーが糖質30g以下で食べられています(参考:フレッシュネスバーガー公式栄養成分表)。

 

30g以下となるとココイチの低糖質カレーといい勝負です。

 

 

カレーとハンバーガーが低糖質で食べられるなんて素敵な時代になりましたね。

 

ケール&ココナッツスープ

ポイント

  • ケール
  • ココナッツミルク
  • カリフラワー

スーパーフードとして人気のケールとココナッツミルク、注目素材のカリフラワーを使った見た目にも鮮やかなスープ!

 

炭水化物8.5gのヘルシースープとなっています。

 

  • タンパク質:2.2g
  • 脂質:7.3g
  • 炭水化物:8.5g
  • カロリー:180kcal

 

栄養成分がすごい!というよりはケール、カリフラワー、ココナッツミルクのスーパーフード堪能するメニューとなっています。

 

まとめ

今回の商品はアフラック生命保険株式会社の健康増進型保険「アフラックの健康応援医療保険」発売記念として開発された商品とのこと。

 

正直今ひとつ両社の関連性は分かりませんが、低糖質ハンバーガーの拡充は大歓迎ですね!

こちらの記事もオススメ!