「お酒を飲むと太る」と言われています。

 

「お酒を飲むと判断力が落ちて食欲が我慢できなくなる」というのが一般的な理由ではあるのですが、科学的な根拠があることをご存じでしたか?

 

今回は、お酒を飲むと太りやすくなる3つの理由を説明します。

 

お酒を飲むと太る理由1「アルコールは食欲を刺激する」

アルコールには脳内で食欲や飢餓状態を引き起こす神経を活性化させ、胃液の分泌を促し、食欲を増進させる作用があるとされています。

 

本当はお腹がいっぱいでも、アルコールを飲むと食欲が増して、いつもより食べてしまうのです。

 

お酒を飲むと太る理由2「脂肪が蓄積しやすくなる」

美味しいお酒ですが体には一種の毒です。アルコールを飲むと肝臓が忙しく働いてアルコールを解毒しようと分解します。

 

そのアルコール分解中、肝臓は「グリコーゲンを肝臓や筋肉に貯蔵する」という普段の働きが出来なくなります。そうすると摂取したグリコーゲンが中性脂肪となり、体脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。

 

アルコール摂取中は肝臓が普段通り働かないため、脂肪が蓄積しやすくなるのです。

 

お酒を飲むと太る理由3「満腹感を感じづらくなる」

肝臓がアルコール分解で忙しく、グリコーゲンを普段通りに処理できないため、アルコール摂取中は血糖値が上がりにくくなっています

 

血糖値が低いと満腹感が得づらくなり、つい食べ過ぎてしまうのです。

 

結論

以上の3点から分かるように「お酒を飲む=太る」というのは、あくまで「飲みながら食べてしまう」からです。

 

お酒を飲んでも、食べなければ太ることはありません。お酒を飲む際には食べる量をあらかじめ決めておくなど、工夫と我慢が必要なのです。

 

飲んでしまうと誘惑に打ち勝つのは難しいかもしれませんが、「お酒を飲んでるときは食欲が刺激されている上に、脂肪が蓄積しやすくなってるので気をつける」意識をもってがんばりましょう!

こちらの記事もオススメ!