どこかで聞いたことがある「六つの基礎食品群」、その内容や意図をご存知でしょうか?

 

ダイエット中でもこの基礎食品はすべて摂取することが推奨されています。

 

まず「三色食品群」を把握すると理解が早いです。

 

  • 赤:体をつくるもとになる:肉、魚、卵、乳製品、豆など
  • 黄:エネルギーのもとになる:米、パン、麺類、いも類、油、砂糖など
  • 緑:体の調子を整えるもとになる:野菜、果物、きのこ類など

 

子どもでも分かりやすい3つという少ない数、「赤=血・肉」「野菜=緑」「エネルギー=電気=黄」など、イメージしやすい色を採用しているので覚えやすいのが特徴です。

 

「三色食品群」を頭に入れた上で、「六つの基礎食品群」を見てみましょう。

 

食品 主栄養素 他栄養素
1群 魚、肉、卵、大豆製品 タンパク質 ビタミンB群・脂肪・各種ミネラルなど
2群 牛乳、乳製品、海草、小魚 カルシウム ビタミンB群・ヨウ素・タンパク質など
3群 緑黄色野菜 カロチン ビタミンC・各種ミネラルなど
4群 その他の野菜・果物 ビタミンC 各種ミネラルなど
5群 穀類、いも、砂糖 炭水化物 ビタミンB1など
6群 油脂類、脂肪の多い食品、種実類 脂質 ビタミンA、ビタミンDなど

 

文字色部分は「三食食品群」となっていて、「六つの基礎食品群」は「三食食品群」の考え方をベースに、しかしより詳細に分類されていると言えます。

 

以上「六つの基礎食品群」の概要でした。続いてその意図です。

 

「六つの基礎食品群」は国民の栄養知識向上を図るために厚生労働省が栄養教材に採用したもので、教科書などに多く記載され広まった概念です。

 

つまり厚生労働省が「六つの基礎食品群」全てを毎日食べることを日本国民に推奨しているのです。

 

例えばダイエットでは敵とされる5群の炭水化物、6群の脂質は量をコントロールする必要はありますが、必須の栄養分でもあるのである程度は摂取する必要があると言えます。

 

また現代日本人は野菜不足とされていますが、逆に野菜を食べているだけでも栄養不足に陥るということです。

 

たまに流行したり我流で始める単品ダイエットは非常に危険であることも分かります。

 

「六つの基礎食品群」を頭に入れ、バランスよい食事を心がけましょう。