有酸素運動20分以上しなくても体脂肪は燃焼する!

「有酸素運動を20分以上しないと体脂肪は燃焼しない!」と誤解していませんか?

 

筋トレなどの無酸素運動や20分以内の有酸素運動は体脂肪の燃焼に効果が少ないと思われがちですが、実はそんなことはないんです。

 

有酸素運動20分以上しなくても体脂肪は燃焼する!理由

無酸素運動では筋肉中のグリコーゲンが消費されますが、このグリコーゲンは肝臓から補われ、さらにその肝臓の不足分は体脂肪から分解・合成されています。

 

○筋肉でグリコーゲン消費→肝臓でグリコーゲン消費→体脂肪の分解・合成

 

という流れです。

 

「有酸素運動を20分以上しないと体脂肪は燃焼しない!」という誤解は、脂肪細胞内の体脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が体内温度が十分に上がらないと作用しないことから生まれているようです。

 

○有酸素運動20分→体内温度が十分に上がる→リパーゼが活性化→体脂肪が燃焼

○無酸素運動→体内温度が十分に上がらない→リパーゼが活性化しない→体脂肪が燃焼しない

 

という理屈です。

 

しかし運動によって刺激された交感神経の働きでもリパーゼは活性化されます

 

20分以内の有酸素運動、無酸素運動でもリパーゼ活性化→体脂肪が燃焼

 

20分の有酸素運動ではなくても、あらゆる運動は一定の体脂肪燃焼に効果があると言えるのです。