保健機能食品とは? 健康食品やダイエットサプリを買うときに最低限気をつけたいこと

健康食品やダイエットサプリが多く流通していますが、本当に手を出していいのか悩ましいところです。

 

効果がありそうにも思えるけど高いし、何より怪しい予感がしたり……。

 

知識があって自分で判断できる場合はいいのですが、「いつも買って失敗する」「買うのは不安だけど興味がある」などのお悩みを持つ方、ぜひ簡単な知識ですので仕入れてしまいましょう!

 

保健機能食品の基本知識

私たちが摂取する商品は、厚生労働省による分類があり、青マーカー部分の食品を「保健機能食品」と呼んでいます。

 

  • 医薬品
  • 特定保健用食品
  • 栄養機能食品
  • 機能性表示食品
  • 一般食品

 

【特定保健用食品】有名なトクホこと「特定保健用食品」は消費者庁認可制の食品。認可を取得すると、特定の保健効果の表示が可能になります。デキストリンが入った飲料の「お腹の調子を整える」が有名です。

 

【栄養機能食品】少し聴き馴染のない「栄養機能食品」は、国の指定栄養成分の機能を定められた基準内で表示することが可能な食品です。いわゆる「ビタミンC」などのサプリメントが中心で、特定保健用食品と違って届け出や認可は不要です。

 

【機能性表示食品】加工食品・生鮮食品などのすべての食品が対象であり、野菜や果物、魚など、農水産物も含まれるのが「機能性表示食品」。企業の責任で機能性を表示するものとなっています。企業が科学的根拠を提出する届出制となっており、効果や安全性は国ではなく企業が負います。

 

そして「一般食品」です。

ほとんどの健康食品やダイエットサプリがここに該当しますが、特定保健用食品でも栄養機能食品でもありません。効果を謳っていても誰も保証してくれていないのです。こちらも当然、届け出や認可は不要です。

 

健康食品やダイエットサプリの見分け方

健康食品やダイエットサプリの正しい見分け方は、「特定保健用食品」「栄養機能食品」以外の食品、すなわち何も記載のない「一般食品」を選ばないことです。

 

「一般食品」は「特定保健用食品」ではないので、健康効果をアピールすることは法律で許されていません。「栄養機能食品」でもないため、栄養成分の機能表示も本来は認められていません。

 

健康食品やダイエットサプリで効果を表すグラフや数値、教授や博士が効能を謳う記事が記載されていたとしても、「特定保健用食品」「栄養機能食品」でない限り、怪しいものと考えて問題ありません。

 

さらに慎重に選択したい場合は、「栄養機能食品」も購入しないことをオススメします。「栄養機能食品」は認可制ではないのでパッケージの記載内容が事実と異なる可能性があります。

 

「栄養機能食品」を購入する際には、販売元や販売実績をよく確認しましょう。