【90点】BASE PASTA(ベースパスタ)「スパゲッティ」&「フェットチーネ」を1週間食べた正直な感想

今回はBASE PASTA(ベースパスタ)のスパゲッティとフェットチーネを食べた感想です。

 

 

以前ベースパスタのインスタントタイプやラーメンを試してみたのですが、今回は初心に帰りましていわゆる「パスタ」にトライしてみました。

 

※BASA PASTAについて知りたい方はBASE PASTA公式サイトへ

 

BASE PASTAは完全栄養食として売り出されているので栄養素は魅力的です。「1日に必要な栄養素全ての3分の1が入っている」というのは嬉しいのですが、それはサプリでも実現可能。

 

ダイエッターとしてのポイントは、

 

  • 糖質:30.8g
  • 食物繊維:8.4g
  • タンパク質:29.7g
  • 脂質:7.9g

 

です。糖質代謝に効果アリとされるビタミンB1が1㎎=摂取基準値/日の84%と多いのも嬉しいところです。

 

二種類ある麺の「スパゲッティ」と「フェットチーネ」は量、栄養素が同じですが太さが異なります。

 

 

分かりづらくてすみません……。スパゲッティの横幅を倍にするとフェットチーネになるサイズ感です。

 

全粒粉の小麦やチアシードなど栄養豊富な食材が10種類以上練りこまれた「雑穀麺」ですので、色はパスタと違って田舎ソバのような薄い茶色となっています。またご覧の通り生麺なので到着時から柔らかいです。

 

今回、1週間ほど色々な味を試してみましたが全て市販のソースで一食100~200円程度のものとなっています。食べる時のイメージはこんな感じです。

 

 

パスタソースの多くが一味2食セット販売、さらにお気に入りはリピしたので写真が少ないのはご了承ください。

 

一番の下のカルボナーラだけ自宅調理なので鍋で茹でた上に豆苗を添えていますが、その他は全て電子レンジ調理&市販のソースのみ。

 

市販のソースでもガーリックや海苔などのトッピング付録につき、漏れなく外見がちゃんとパスタしてくれるのが嬉しいです。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)「スパゲッティ」&「フェットチーネ」を1週間食べた感想・レビュー

平均 90 ベースパスタはその名の通り、まずはパスタから。飽きてきたらラーメンやつけソバなどをテストするのがオススメ。
95点 ソース次第ではあるものの麺の匂いも気にならず基本的に美味しく食べられるが麺の量との兼ね合いで濃い味になりがちなのでお好みで要調整。麺の太さはお好みで明太子、クリーム系ソースがオススメ。
栄養 95点 たらこソース限定ながら糖質35g程度となりラーメンより高評価。高タンパク、低脂質、低糖質。ソースはたらこが低糖質でオススメ。それ以外のソースはそこそこ糖質があるので麺自体の糖質がもう少し減ると嬉しい。
簡単度 80点 ソースの関係でラーメンと比べて調理のひと手間が少なくて便利。作るのはかなり簡単だけど器が必要。電子レンジ調理機が洗うパーツが3つと多くて手間。自宅で茹でるのがオススメ。
満腹度 85点 ソース次第だが満腹度は高い。クリームソースが満腹度高くてオススメ。
お値段 95点 ソースは市販で100~200円程度なので麺と併せて500円。ラーメンは具がないため、より安く仕上がる。置き換えダイエットと考えた場合、栄養素は最高レベルだし、比較的安い部類と思える。

 

以前にインスタント麺を試したときは正直、人によって意見が分かれました。「栄養目当てならサプリを摂ればいい」という意見もあり、なかなか微妙なラインでした。

 

しかし今回のバージョンでは麺の味や栄養素が改善されていて、オススメできる一品でした。味が改善されているので「完全栄養」がより深く刺さります。以前にBASE PASTAを食べて匂いなどが気になった方は、リベンジするチャンスです。

 

同じBASE PASTAでもラーメンと比較すると、具の問題で圧倒的にパスタの勝利。どうしてもラーメンは具ありで食べるイメージなので、美味しく食べようとすると具で増える糖質や脂質などのマイナスになる栄養素、用意の手間が気になってしまいます。

 

その点パスタは市販のソースを用意するだけで具をとくに追加しなくても「パスタだ!」という外見になるのでお得感があり、手間もないのが嬉しいところ。

 

さらに塩分を考えるとラーメンはスープをほぼ飲めずに残さざるを得ないのは我慢も辛いし、スープを捨てる際の罪悪感、損した感じがあってマイナスポイントでした。

 

なお、パスタ麺の太さは完全にお好み、その日気分でした。フェットチーネの方が満腹感あるように感じましたが、量も栄養も同じなので気のせいだと思われます。

 

まとめ

低糖質ダイエッターの場合、ソース込みで35g程度の糖質を一食で許容できるかがポイントです。たらこ以外だと糖質はさらに高くなり、ロカボ視点では糖質高めの一品なのは判断が難しいところです。

 

低糖質ダイエッターでも「夜は糖質カット、朝と昼でほぼ一日の糖質を70gほど摂取している」という場合は朝・昼の置き換え食品としてオススメです。BASE PASTAは糖質以外の栄養バランスが最高レベルなので、この場合は評価ポイントが大幅にアップします。

 

また自炊派にもオススメです。栄養がしっかりしたものを自炊するのは大変ですが、BASE PASTAは麺を茹でてソースを和えるだけなので「自炊を楽にする」という名目もアリです。この場合、一食500円弱という価格をどう評価するかがポイントになります。

 

最後に、BASE PASTAは進化していて確実に美味しくなっています。糖質で折り合い、興味があるなら一度食べてみる価値があります。BASE PASTA、オススメなのでぜひお試しください!


 

ソースはどこのを使っても美味しかったですが、中でもいいなと思ったのはキューピーです。1食100円~150円程度で用意できるのでお買い得。オススメは低糖質な「たらこ」、そしてがっつり美味しかった「カルボナーラ」です!

キユーピー あえるパスタソース6種 [カルボナーラ1袋(2食入)、たらこ1袋(2食入)、ミートソース フォン・ド・ヴォー1袋(2食入)、バジル1袋(2食入)、ツナマヨ1袋(2食入)、きのこの醤油バター1袋(2食入り)]

新品価格
¥1,458から
(2019/2/6 10:57時点)