Asahiの糖質0g麺を使った「おどろき麺ゼロ」シリーズ、今回は「旨だしカレー南蛮」を試してみました。

 

アサヒグループ食品 おどろき麺0(ゼロ)旨だしカレー南蛮 19.6g×6個

新品価格
¥1,368から
(2019/2/21 15:02時点)

一つ200円強と、「はじめ屋」「カップヌードルlight」などのインスタント低糖質麺と類似価格帯です。相場的に決して安くはありません。

 

パッケージを開けると寒天麺と粉末スープのみのシンプル構成。

 

寒天麺は初めてだったのですが、開けてみて驚きました。「きくらげ」のようです。まるきり麺にはみえません。

 

 

しかしこの寒天麺は糖質0g。見た目より低糖質と味を重視しているので、食べる前から期待は自然と膨らみます。

 

栄養面でいえばスープが糖質6.6g食物繊維4.1gとなかなかの好成績。57kcalは素敵です。

 

脂質1.2gと少なく好感ですが、ネガティブなことをいえば食塩相当量が3.2gと多めなのが気になります。

 

これはスープは全部飲まない方が健康にはいいヤツです。美味しければのんでしまいますが……。

 

お湯を入れて5分後に完成。5分は少し長いですが、寒天麺だからでしょうか。

 

スープを入れて混ぜるとすぐ出来上がりです。

 

 

麺に不安は漂いますが、それよりカレーのいい香りが漂ってきます。いただきます!

 

「おどろき麺ゼロ 旨だしカレー南蛮」を食べた感想・レビュー

平均 76 麺類ではなく「スープ」と割り切ればアリ。麺類として考えると同じ価格帯に遥かに美味しい猛者たちがいるので麺の改善が必須と思われる。
70点 寒天麺は味のない寒天で長さも短く、「麺」には感じられない。歯ごたえや食べてる感は紀文の「糖質0g麺」をい9大きく下回る。寒天自体に多少でも味があると嬉しい。カレー南蛮のスープはなかなか美味しい。
栄養 80点 低糖質で低脂質は嬉しい。ただ量に対して糖質は必ずしも少なくなく、またやや塩分が多すぎるか。
簡単度 85点 5分と待ち時間が長いけどインスタントなので簡単。
満腹度 70点 麺は少なく、ガッツリというより小腹が埋まる程度。おやつに最適。
お値段 75点 競合となる「はじめ屋」「カップヌードルlight」などと比べると味や値段で劣るので厳しいか。

 

寒天麺は初めてだったので慣れていないというのも大きいかもしれないが、何個食べても慣れなかったので好き嫌いが分かれる一品。嫌味をいうなら「糖質0gという事実より、麺の味がしないことにおどろいた」という感じ。

 

 

価格的にはじめ屋シリーズが同価格帯となっているのが残念で、お買い得度・味で後塵を拝するので、値段をもっとリーズナブルにするか麺の味の改善を図るかどちらかだなと思う今日この頃。

 

スープは美味しいので麺類ではなくスープとして楽しむことをオススメします!

 

アサヒグループ食品 おどろき麺0(ゼロ)旨だしカレー南蛮 19.6g×6個

新品価格
¥1,368から
(2019/2/21 15:02時点)